スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪寒@蒼詠 

その日の朝はいつもと変わらなかった
愛しい布団に別れを告げ
フジテレビのニュースキャスターを眺めつつ歯を磨き
ささっと制服をまとい家を飛び出していく
ちなみに朝食はまともにとったことがない
食ってる余裕があるなら俺は布団といちゃつくね

そんなんで始業の鐘ギリギリに
というか鳴ってから滑り込んでいる
授業の用意をしようとロッカーに向かうと
不意にくらっときた
頭の中にオモリが埋まってるような感じだ
まあ寝不足が祟ったのだろうと深く考えずイスに腰を下ろした

飯を食い終えたあたりから妙に体が火照ってる感じがした
あたりは寒い寒いと喚いているのにこれはおかしい
友達が保健室に行くとのことなので俺も着いていくことにした

-ピピ
37、6℃
風邪ひいてました
不規則な生活の影響だと思うのだが今回はそれに加えて
母様の風邪が移ったのかもしれない
今日より1週間程まえから風邪で寝込んでいたからな
あんな丈夫な野郎の体内に1週間も潜伏できたんだ
きっと破壊力の凄まじいウィルスに決まってる
そんなんが俺の体に宿っちまったのかなんて考えながら溜息をついた


翌日
けろっと元気になっていた
熱もなくなり倦怠感は一切ない
だがそれは一時的なものだったらしい
2時間目に入り昨夜の発熱を理由に惰眠を貪ろうとした
腕が額に当たる
温かいというか熱い
その授業を終えてから保健室にそそくさと向かい

-ピピ
37、7℃
なんてこったい
熱があると意識した瞬間に具合が悪くなるのはなんでだろうな
頭痛が襲ってきたので俺は先生の好意に甘えるというか
半ば無理にベッドを借りて寝ることにした
38、0℃ないと早退してはいけないんだと

zzz-!
1時間で起こされた

-ピピ
37、8℃

よくなる見込みがないので早退の許可が下りた
今だから言える
先生はよかれと思って氷枕を頭の下にいれてくれたと思うんだが
しばらく氷に触れてた耳がジンジンと痛かったぜ

いい加減かったるくてしょうがない
さっさと菌を追い払うべく帰ってとっとと寝ることにした
22時あたりに目が覚め検温したのだがそのときは平熱だった


翌朝
-ピピ
35、4℃
熱はない
だが咳が出るようになり喉も荒れていて
おまけに背中の神経が過敏になっていた
服がすれるとチクチクする
母も同じ症状があったそうだ
どうやらまじで貰い風邪っぽいな

ダルイダルイダルイ
何を考えてもまとまらない
もしやと保健室に出向いた
先生はまたきたの!って顔をしていた
いや口に出してたな

-ピピ
37、4
やれやれ


明日明後日にかけて文化祭がある
しかし熱は下がっていない
友人のバンドだけでも拝みたいところなのだが
果たして体の自由がきくのかわからん
どうなることやら

書き忘れたが病院はいってない
自然治癒させることが俺の家の方針なんだそうだ
まあ病院まで通うのもかったるいし異議申し立てはしない
とりあえず女の子の看病さえあればたちまち活性化してくれそうだが
無情にも現実はそう甘くない



NEC_0258.jpg
追記は某神社で見つけたあるもの

kk.jpg
あれ?目から汗が滴ってる

スポンサーサイト

コメント

お大事に~(´ω`)

すき

すごいこと書くね!

敬礼!

読んでておもしろいわなぜか

あおよみさんいい趣味してます

鬼才wwwww

楓の弓のはてんと申します
このブログをみていいとおもったので
モンハンもスキですよ相互リンク希望します
よかったら当ブログカキコミヾ(*´∀`*)oc<[。゚・+:.・ヨ ロ シ ク・.:+・゚。]http://hatenrougetu.blog111.fc2.com/

ぅーゎ!!

どn引k(ry..

>赤城
>鈴原
>sui
>えぬえぬ
>しかさー
>塩見
>蓮斬さん
>ひめ
なるほど

>はてんさん
了解!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoyomi.blog72.fc2.com/tb.php/86-6f815bf1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。